不妊とは、自然な状態で妊娠できないか、妊娠を一定期間以上維持できない状態を言います。不妊症の原因や妊娠するための、不妊症の治療法をご紹介いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不妊検査の卵管通水・通気検査

卵管通水・通気検査
これは、不妊治療で、不妊の原因が卵管の詰まりではないか、と疑われる時に行なわれる検査です。

不妊治療で行なわれる通水検査の方法は、子宮口に蓋をした状態で、生理食塩水を子宮内に注入し、卵管に詰まりがないかを調べます。

卵管に詰まりなどの異常がない場合、痛みを感じることはありません。
しかし、卵管に詰まっている部分があると、多少痛みを伴います。

通気検査も、手順としては、通水検査と同じように行なわれます。
違いは、生理食塩水の代わりに、炭酸ガスを注入することです。ガスの通過性を観察して、卵管の詰まり具合を調べるものです。

これらの検査は、不妊症の検査というだけではありません。

癒着や狭窄が起こっている部分の卵管を広げて、精子が進入しやすい状態にしますから、不妊治療そのものの一環として行なわれます。

卵管に癒着があった場合でも、軽度のものであれば、卵管通気・通水を数回くり返して受けることで、卵管の癒着状態が改善されることもあるようです。

不妊検査の卵管通水・通気検査では、食塩水や炭酸ガスが卵管の癒着している部分をはがします。そのため、この検査を受ける人の中には、強い痛みを感じる人もいます。

検査を受けて、耐えられないほどの痛みがある場合は、遠慮することなく医師に伝えましょう。

さらに詳しい、卵管の検査には造影剤を使った卵管造影という検査もあります。

テーマ : 赤ちゃんが欲しい - ジャンル : 結婚・家庭生活

TAG : 不妊 検査

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。