不妊とは、自然な状態で妊娠できないか、妊娠を一定期間以上維持できない状態を言います。不妊症の原因や妊娠するための、不妊症の治療法をご紹介いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不妊検査の子宮卵管造影検査とは?

不妊の原因には、様々なものがあります。
その1つが、卵管の詰まり。

不妊の原因で、卵管の詰まりが疑われる場合の検査に、通水検査と通気検査があります。ただ、この二つの検査では、卵管の癒着の状態をはっきりと確認することはできません。

卵管の癒着部位や状態をより詳細に検査するため、不妊治療で行なわれる検査に、造影剤を使った子宮卵管造影というものがあります。

この検査を行えば、
卵管の通過性と子宮内の異常を調べることができます。

不妊の検査の子宮卵管造影の方法は、まず、子宮口から小さい風船状のチューブ(バルーン)を挿入します。そして、造影剤を注入。時間間隔をあけながらレントゲンを撮影していきます。

卵管の詰まりが不妊の原因であった場合、卵管の詰まりが起こっている部分より先には、造影剤は注入されません。なので、レントゲンにも写りません。

したがって、癒着があるということがわかります。
ただし、

不妊の原因となるような癒着があった。
そんな場合でも、軽い癒着であれば、子宮卵管造影検査を行なった際に、はがれてしまうということもあります。

子宮卵管造影検査は、『子宮や卵管の状態を知る検査』というだけではなく、不妊治療の一面もあります。子宮卵管造影検査を行なった後の3ヶ月位は妊娠の確立が上がるといわれています。

子宮卵管造影検査は多少の痛みを伴う検査です。
ですが、不妊の6大検査に含まれるほどに重要な検査でもあります。

不妊の原因究明や治療に必要であれば、恐がることなく検査を受けるようにしましょう。

テーマ : 不妊治療 - ジャンル : 結婚・家庭生活

TAG : 子宮 卵管

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。