不妊とは、自然な状態で妊娠できないか、妊娠を一定期間以上維持できない状態を言います。不妊症の原因や妊娠するための、不妊症の治療法をご紹介いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フーナーテストで不妊症の原因を調べる

不妊症の原因を調べる検査の1つに、フーナーテストというものがあります。

この検査は、一定期間の禁欲の後、排卵日の近くに性交します。
その数時間~12時間以内に来院し、頸管粘液中の精子の動きなどの状態を見るという検査です。

頸管粘液が十分に分泌されていないと、精子がスムーズに子宮の中に入っていくことができません。その結果、妊娠が成立しません。

このような頸管粘液の分泌不良も、妊娠を妨げる、不妊原因となります。

不妊検査のフーナーテストで、多数の精子が活発に動いている様子が認められた場合は、問題なしです。

ただし、精子の進入が認められた場合でも、頸管粘液の中で精子の運動率が悪い場合には、何らかの問題があると考えられます。

1度目のフーナーテストの結果が思わしくなかった場合でも、2~3回受けてみて、そのうちの1回でも良い結果が出れば心配はいらないようです。

不妊検査のフーナーテストで悪い結果が出る原因として、女性の側に精子抗体がある場合があります。

女性が精子抗体を持っていると、精子の動きが封じられてしまいます。精子が子宮内に入っていけなかったり、入っていけても受精できなかったりする可能性があり、不妊になります。

不妊で治療をしている女性の数%に抗精子抗体が見つかることから、フーナーテストの結果が毎回悪い場合には、血液検査をしてみるといいでしょう。

テーマ : 赤ちゃんがほしい - ジャンル : 結婚・家庭生活

TAG : 不妊 原因

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。