不妊とは、自然な状態で妊娠できないか、妊娠を一定期間以上維持できない状態を言います。不妊症の原因や妊娠するための、不妊症の治療法をご紹介いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめての不妊治療の準備

「不妊症かも知れない」と思ったら、早めに産婦人科を受診してみることが大切です。

はじめて不妊治療に行く際には、2~3ヶ月程度測った基礎体温表を用意しておくといいでしょう。

もちろん、基礎体温を測っていなかった場合でも、受診は可能です。
が、用意しておく方が、いろいろな身体の情報がわかり便利でしょう。

産婦人科を訪れる際には、保険証を忘れずに持参しましょう。
不妊治療の中には、人工授精や体外受精など、保険の効かない診療もありますが、かなりの部分で保険診療が適用されています。

また、不妊治療で産婦人科を訪れた場合にも、問診表を記入することになります。

その場で思い出して記入するとなると、漏れや間違いをしてしまうことも考えられます。生理が始まった日や今までにかかった病気、開腹手術などについて、あらかじめ、メモなどに書き出しておくと便利です。

不妊治療診察を受ける場合、必要に応じて、内診が行なわれることもあります。不妊症の診察に行く際にも、タイトなスカートやジーンズなどよりは、下着の着脱がしやすいフレアースカートで行く方がいいでしょう。

不妊治療を開始するタイミングは、いつからでも可能です。
が、妊娠するチャンスは、排卵の時しかありません。

その時期を逃さないように、生理が終わってから排卵日が来るまでの間に、不妊症の診察に訪れる方が、排卵のチャンスを逃すことなく、不妊治療を始めることができます。

テーマ : 不妊治療 - ジャンル : 結婚・家庭生活

TAG : 診察 不妊治療

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。