不妊とは、自然な状態で妊娠できないか、妊娠を一定期間以上維持できない状態を言います。不妊症の原因や妊娠するための、不妊症の治療法をご紹介いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不妊を基礎体温で知る方法

「毎月、規則正しく生理が来る」
「だから自分は不妊じゃない」

それでも、

子供がほしいのに、なかなか妊娠できない時には、不妊であるかどうか、念のために基礎体温を測ってみましょう。

なぜなら、
生理がある=排卵がある、とは限らないからです。

基礎体温を測ることで、排卵があるかどうかを、簡単に知ることができます。

毎月ちゃんと生理があっても、排卵がなかった場合、
無排卵性月経で、卵巣機能不全(不妊の原因の一つ)を疑いがあります。

排卵がないということは、妊娠できない不妊の状態であるといえます。

28日周期で正常に排卵のある女性の基礎体温は、生理が始まった日から14日間(±2日)は低温を示します。

排卵日を境に0.3℃~0.5℃体温が上昇。
そこから14日間(±2日)高温を示し、再び体温が低下して生理が起こります。

規則正しく排卵があり、毎月きちんと生理のある女性の基礎体温には一定のリズムがあります。グラフにすると、きれいな二相性を示します。

しかし、
生理不順の女性の基礎体温は、二相性を示しません。
ガタガタとしたグラフを示します。

基礎体温のデータをグラフにして、高温期と低温期の二相を示さない場合や、二相を示しても低温期が長すぎたり、高温期が短すぎたりする場合などは、排卵がない、ホルモンの分泌異常があるなど、不妊の状態であることが疑われます。

妊娠できない、不妊の疑いがある場合、産婦人科などを受診して、きちんと検査や治療を受けるようにしましょう。

テーマ : 不妊治療 - ジャンル : 結婚・家庭生活

TAG : 基礎体温 不妊

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。