不妊とは、自然な状態で妊娠できないか、妊娠を一定期間以上維持できない状態を言います。不妊症の原因や妊娠するための、不妊症の治療法をご紹介いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不妊に効果のあるツボ

東洋医学(鍼灸医学)のツボは、不妊症にも効果があるそうです。

鍼灸や指圧で、やさしくツボを刺激。
体が本来持っている力を、呼び戻します。

子宮や卵巣の働きを、正常な状態に整えます。
生殖機能を高め、不妊体質から妊娠しやすい体質へと変えていきます。

三陰交というツボがあります。
女性の不妊に効果的、と言われています。

三陰交の場所は、足の内くるぶしの上端から、指の幅4本分上がったところです。
三陰交には、冷えや生理不順、ホルモンバランスを整える効果があります。

曲泉も、女性不妊に効果があると言われています。
生殖器異常に関係の深いツボです。

曲泉は、膝の内側のくぼみのところにあります。
ツボを両手で包み込むように刺激します。
足首から膝上のところまで押して、また足首まで戻します。

男女共通して、不妊に効果があるツボが、気海です。
臍と恥骨の結合部を結ぶ線上、臍から下へ約3cmのところにあります。

お腹の上にあるツボです。
爪を立てるような、強い刺激は避けます。

軽い指圧や温灸による刺激がいいでしょう。
男女共に、精力の増強効果が期待できます。

ツボを刺激する時、1つのツボ刺激につき、3分程度までです。
指圧の強さは、ほどよい気持ちよさ。「ちょっと痛いかな?」という程度です。
呼吸に合わせてじんわりと押すようにしましょう。

パートナーと2人で行えば、より不妊に対しての効果が期待できそうですね。

テーマ : 不妊治療 - ジャンル : 結婚・家庭生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。