不妊とは、自然な状態で妊娠できないか、妊娠を一定期間以上維持できない状態を言います。不妊症の原因や妊娠するための、不妊症の治療法をご紹介いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方薬で不妊治療

不妊治療といえば、病院やクリニックでの治療を思い浮かべます。
いわゆる西洋医学です。

東洋医学にも、不妊治療があります。
東洋医学の不妊治療では、漢方薬を使います。

漢方薬には、病院でもらう薬のようなスピーディーな効果がありません。
服用を続けることで、不妊症の体質を改善していくことが目的です。

東洋医学の不妊治療では、不妊を、“妊娠するための身体やホルモンのバランスが崩れている状態”、と考えます。

漢方薬を使って、全身の状態を整えます。
妊娠しやすい、いいバランスの身体を作ることを目指して行なわれます。

女性不妊の治療でよく使われる漢方薬は、
●当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
●温経湯(うんけいとう)
●弓帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)

などです。難しい名前です。
生理不順や月経異常などに効果があると言われています。

また、全身の血行を良くし、ホルモンバランスを整える働きのある涌出(ゆうしゅつ)もよく使われます。

漢方を使った不妊治療は、体質改善を目的としたものだけではありません。
周期療法という不妊治療もあります。
月経のサイクルにしたがって、服用する漢方薬を変えます。

●月経期 : 原始卵胞が選択される時期
●卵胞期 : 内膜が厚くなり始め、卵胞が成熟する時期
●排卵期 : 成熟した卵胞から卵子が排出される時期
●黄体期 : 子宮内膜は十分な厚みを持ち、受精卵が着床するのを待つ時期

周期療法では、身体のサイクルに合わせて、漢方薬を選びます。

個人的なイメージでは、西洋医学での薬よりも、東洋医学での漢方薬の方が、なんとなく身体に良いような気がします。

が、薬は薬です。
間違った服用は効果がありません。

西洋医学でも、東洋医学でも、専門家にしっかりと相談した上で、指示に従った正しい不妊治療を続けることが大切です。

テーマ : 不妊治療 - ジャンル : 結婚・家庭生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。