不妊とは、自然な状態で妊娠できないか、妊娠を一定期間以上維持できない状態を言います。不妊症の原因や妊娠するための、不妊症の治療法をご紹介いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

排卵誘発剤を利用した不妊治療のメリットとデメリット

不妊治療のひとつに、排卵誘発剤を使用する、治療法があります。

生理がこない。生理は毎月くるけど、排卵をしていない。無排卵性月経や月経周期が長かったり、安定しなかったり。こんな場合には、排卵誘発剤を使って、治療が行なわれます。

排卵がなければ、妊娠できません。

排卵がない。排卵が安定しない。
不妊治療に排卵誘発剤を使うのは、このような方に、有効な治療法です。

排卵障害の不妊治療でよく使われる排卵誘発剤には、内服薬と注射があります。内服薬では、セキソビット、クロミッド。注射には、ヒュメゴン、hMGなどがあります。

排卵誘発の内服薬は、月経がはじまり3~5日たってから、服用を開始します。5日間飲みつづけ、排卵をうながします。

最初は、クロミッドが多いようです。排卵誘発作用が強い、というメリットがあります。その反面、頸管粘液を減少させる、というデメリットもあります。

セキソビットは、クロミッドに比べ、排卵誘発の作用が劣ります。が、排卵した際の妊娠率が高い、というメリットがあります。

注射による排卵誘発での不妊治療は、内服薬よりも効果が強いようです。

卵巣に直接働きかけて、卵胞の発育をうながします。そのため、一度に複数の排卵が起こることも、多いようです。双子や三つ子が生まれる可能性が、20%前後あると確認されています。

排卵誘発の効果は高いですが、多胎妊娠の危険もあります。出生体重の減少や流産率の上昇です。双子より三つ子、三つ子より四つ子と、多胎数が多くなるに従い、危険度が増すようです。

不妊治療は、妊娠が目的です。

ですから、排卵誘発の効果は高いほうがいい。
でも、赤ちゃんに後遺症が残る可能性もあるとなると、悩むところです。

夫婦だけの問題ではありません。
生まれてくる赤ちゃんにとっても、重大な選択です。

排卵誘発剤のメリットやデメリット。
お医者さんとじっくり相談してから、治療にあたるといいでしょう。

テーマ : 不妊治療 - ジャンル : 結婚・家庭生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。