不妊とは、自然な状態で妊娠できないか、妊娠を一定期間以上維持できない状態を言います。不妊症の原因や妊娠するための、不妊症の治療法をご紹介いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体外受精での不妊治療の妊娠率は?

不妊症で悩む夫婦は、夫婦10組に対して、1組いるといわれています。

不妊の原因が1つだけのケースや一人で複数の不妊の原因を抱えているケース、原因不明の不妊症であるケース。

不妊症といっても、様々なケースがあります。

とはいえ、不妊治療は年々技術が進歩しています。
少し前まで原因不明の不妊といわれていたものでも、不妊症の原因が解明されたものもあります。

不妊症では、体外受精という治療法が確立されました。
体外受精の技術も向上し、体外受精を受けることのできる医療機関も、全国的に増加しています。

体外受精での不妊治療。

その対象となるのは、卵管閉塞などの器質的原因による不妊やタイミング法、人工授精などの不妊治療を続けても、妊娠に至らなかった場合です。

体外受精での不妊治療は、1978年にイギリスで初めて成功しました。1983年には、日本でも治療に成功。

体外受精での不妊治療で、現在までに、約6万人もの赤ちゃんが誕生しています。

体外受精は、今のところまだ保険の適用となる不妊治療法ではありません。そのため、体外受精の治療にかかる費用は実費となります。

体外受精の治療費の設定は病院ごとに異なりますが、おおむね30万円~50万円程度のところが多いようです。

高額な治療費が必要となる体外受精。
ですが、体外受精による妊娠率は、平均で約25%ほどだそうです。

4回に1回の妊娠率。
不妊治療として体外受精をするかどうかは、医師としっかり相談し、納得の上で行いましょう。

テーマ : 不妊治療 - ジャンル : 結婚・家庭生活

TAG : 体外受精

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。