不妊とは、自然な状態で妊娠できないか、妊娠を一定期間以上維持できない状態を言います。不妊症の原因や妊娠するための、不妊症の治療法をご紹介いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不妊かな?と思ったら・・・

不妊で悩む夫婦は多く、10組に1組は不妊症といわれるほどです。

結婚し赤ちゃんがほしいと思い、正常な性交を続けている。
にもかかわらず、2年以上たってもなかなか妊娠しない時には、不妊を疑ってみるといいでしょう。

「もしかして私、不妊では?」
と思った時は、女性であればまず基礎体温を測ってみるといいでしょう。

基礎体温の測り方は、婦人体温計を、枕元に置いておき、朝、目が覚めたらすぐに布団に横になったまま測ります。

基礎体温は不妊治療のために利用する、大切なデータです。できるだけ、毎日同じ時間に測るようにしましょう。

基礎体温が正常であれば、低温期と高温期にきれいにわかれていて、二相性を示します。

不妊治療において、基礎体温はとても大切な情報がたくさん詰まったもの。
産婦人科を受診する際に、2~3ヶ月程度の基礎体温表を持って行くと、その基礎体温表を元にドクターはさまざまな情報を読み取ることができます。

男性の場合、
「自分は不妊症かもしれない」と思っても、特にしておくことはありません。

ただ、重要なことは、
不妊治療を開始する際には、夫婦揃って産婦人科を訪ねること。不妊の原因が男性にある場合と女性にある場合があるからです。

男性不妊の疑いがある場合、まず、精子の状態を調べる精液検査を受けることになります。その検査によって男性側の問題のかなりの部分を知ることができます。

テーマ : 不妊 - ジャンル : 結婚・家庭生活

TAG : 基礎体温 妊娠

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。