不妊とは、自然な状態で妊娠できないか、妊娠を一定期間以上維持できない状態を言います。不妊症の原因や妊娠するための、不妊症の治療法をご紹介いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人工授精で妊娠する

不妊治療には、たくさんの方法があります。
タイミング指導や内服、注射を使っての排卵誘発などなど。

これらの不妊治療を行なっても、なかなか妊娠できない。
フーナーテストの結果もよくない。

そんな場合は、次のステップとして、人工授精を勧められることがあります。

不妊治療で行なわれる人工授精の流れは、だいたい次のようになります。

まず、超音波エコーなどで排卵日を予測。
その当日に採取した精液を使います。採取日前、5日間は禁欲ですので、気をつけましょう。

採取した精液は、精子の数や運動率、奇形率などを調べ、洗浄濃縮されます。さらに、より受精しやすい状態にするため、専用の培養液の中で培養されます。

最適な精子を選別して子宮内に注入。
ここまでで、人工授精の終了です。

不妊治療で行なわれる人工授精の成功率は、全国平均で約10%前後だそうです。高い妊娠率を誇る不妊治療法とは言えないのが現実のようです。

人工授精を続ける目安は、5回から10回程度。
もちろん、病院や治療を受ける人の年齢によって違いはあります。

人工授精を行っても妊娠できない場合、さらに高度な不妊治療の体外受精へとステップアップしていくことになります。

人工授精は、不妊治療の中でも保険が効かない治療法です。

多くの病院で、1回の人工授精にかかる治療費は、1万円~2万円程度のようです。詳しくは、病院等に直接お問い合わせください。

人工授精は、全額が自費での診療です。
人工授精を受ける際には、治療の詳細や金額など、担当のドクターによく確認しておくといいでしょう。

テーマ : 赤ちゃんが欲しい - ジャンル : 結婚・家庭生活

TAG : 人工授精

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。