不妊とは、自然な状態で妊娠できないか、妊娠を一定期間以上維持できない状態を言います。不妊症の原因や妊娠するための、不妊症の治療法をご紹介いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顕微授精は、精密で高度な不妊治療法

不妊治療として行なわれる顕微授精。

この治療法は、重症の男性不妊症や通常の体外受精では受精することができない(高度受精障害)場合に選択される不妊治療法です。

体外受精は、不妊治療の中でも最先端の治療法。顕微授精は、さらにその上を行く、精密で高度な技術を必要とする治療法です。

体外受精の治療法では、精子と卵子を媒精し受精させ、培養した受精卵を子宮内に戻します。これに対して、顕微授精では、顕微鏡を使い、極細のピペットで、卵子の中に直接精子を入れて受精させます。

卵子の中に、直接、精子を入れて受精させる。
ですから、精子の数が1つあれば、顕微授精を行なうことが可能になります。

精子の数が極めて少ない、重症の男性不妊や無精子症の男性でも、顕微授精の治療を受けることができます。

不妊治療の顕微授精には、3つの種類があります。
透明帯開孔術(PZD)、囲卵腔内精子注入法(SUZI),細胞質内精子注入法(ICSI)の3種類です。

3つの顕微授精の中では、ICSIの成功率が一番高いようです。
そのため、ICSIが顕微授精の主流となっています。

ただ、残念なことに、不妊治療で行なわれる顕微授精の治療は、現時点では保険の適用外です。自費で治療を行うことになります。

顕微授精の不妊治療にかかる費用は、体外受精と比較して、10万円程度高額になるところが多いようです。

※あなたがこのレポートを読んでいるときには、保険の適用範囲に入っているかもしれません。また、治療費も下がっているかもしれません。
詳しくは、顕微授精を行っている病院に、直接お問い合わせください。

テーマ : 赤ちゃんに会えるまで・・・ - ジャンル : 結婚・家庭生活

TAG : 体外受精

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。