不妊とは、自然な状態で妊娠できないか、妊娠を一定期間以上維持できない状態を言います。不妊症の原因や妊娠するための、不妊症の治療法をご紹介いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カウフマン療法の目的は、規則的な生理周期作りです。

カウフマン療法という不妊の治療法があります。

カウフマン療法とは、生理不順や無月経の人に行なう不妊治療です。薬剤を利用し、規則的な生理周期を人為的に作り出すことを目的としています。

不妊治療で行なわれるカウフマン療法では、生理周期の低温期に当たる時期には、卵胞ホルモン(エストロゲン)を投与します。高温期には、卵胞ホルモンに加えて黄体ホルモン(プロゲステロン)を投与します。

薬剤を使って正常なホルモン環境を作るカウフマン療法。

ただ、カウフマン療法を行っている間は、実際には卵巣は働いておらず、休んでいる状態です。カウフマン療法の効果によって、基礎体温は高温期、低温期の2相のグラフを示してはいます。が、排卵がないため、妊娠することはありません。

不妊治療のカウフマン療法の対象となる疾患は、次のような疾患があります。

■月経周期の異常(第1度無月経、第2度無月経、揮発月経、稀発月経)
■月経持続期間異常(過長月経など)
■月経血量異常(過多月経など)
■機能性子宮出血
■早期月経など

不妊治療で行なわれるカウフマン療法。
それ自体には、排卵誘発作用はありません。排卵がありませんので、妊娠することもありません。

が、3ヶ月~半年ほど、不足しているホルモンを補う治療を繰り返し行なうことで、体にリズムを覚えさせます。

そのリバウンド現象により、その後の自然排卵周期を期待することができます。

テーマ : 不妊治療 - ジャンル : 結婚・家庭生活

TAG : 不妊治療 生理周期

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。