不妊とは、自然な状態で妊娠できないか、妊娠を一定期間以上維持できない状態を言います。不妊症の原因や妊娠するための、不妊症の治療法をご紹介いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不妊治療で利用される注射の種類

実際の不妊治療では、内服薬や注射、点鼻薬など、様々な薬を使って治療が行なわれます。

不妊治療でよく使われる注射には、ヒュメゴン、HMG、バーゴグリーン(hMG製剤)、フェルティノームP(FSH製剤)、HCG(hCG製剤)などがあります。

不妊の原因が何であるかによって、これらの注射が使い分けられます。

hMG(ヒト閉経ゴナドトロピン)は、卵巣を刺激して卵胞を成熟させるために使用する薬です。排卵がない人や排卵しにくい人、体外受精を行う際にたくさん卵を育てる時、などに利用されます。

不妊治療の排卵誘発を、飲み薬で行う場合と比較して、とてもよく反応します。が、時に反応が強すぎて卵巣過剰刺激症候群(OHSS)が起こることもあります。

また、多胎率が約20%と高くなることが知られています。

hMGの中から、LH(黄体形成ホルモン)を極力取り除いたものを、FSH製剤といいます。

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)が起こりにくいので、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の人には、このFSH製剤での排卵誘発が適しています。

hCG(絨毛性性腺刺激ホルモン)は、卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌を促す作用があります。

不妊治療で利用する場合、成熟させた卵胞を排卵させたり、高温期を持続するための黄体ホルモンの補充として利用します。

不妊治療の原因によって、これらの注射を、単独で、もしくは組み合わせて、不妊治療に利用します。

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

TAG : 体外受精 ホルモン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。