不妊とは、自然な状態で妊娠できないか、妊娠を一定期間以上維持できない状態を言います。不妊症の原因や妊娠するための、不妊症の治療法をご紹介いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不妊症の検査

不妊症かもしれない」
そのような悩みで産婦人科を訪れます。

まず最初に、不妊症の原因を探すための検査が行なわれます。

女性不妊の原因を検査する場合、基礎体温の測定により排卵の有無、黄体機能不全の可能性の有無などを判断します。月経の初めのころに採血を行い、ホルモンの基礎値を測定します。

これらの検査によって、
不妊の原因となっているおおよその問題箇所を見つけることができます。

排卵が、正常に機能していなければ、排卵誘発の治療が開始されます。なんらかのホルモン異常があれば、それにたいしての投薬などが行なわれます。

また、月経終了後に卵管の詰まりなどを見る卵管の疎通性検査(通水検査)を、超音波を使って行います。その結果が良くなかった場合には、造影剤を使った卵管造影検査が行なわれます。

通水検査も、卵管造影検査も、いずれの検査も、多少の痛みを伴います。しかし、これらの検査をした後は、卵管が通りやすくなっているからでしょうか。妊娠しやすいと言われています。

月経が終わり、排卵の時期が近づいてくると、超音波エコーを使って卵胞の大きさ、成熟度を調べる検査が行なわれます。

その時に子宮内膜の厚みも調べます。

ホルモンバランスの崩れによる排卵障害では、卵胞の発育が悪かったり、内膜が受精卵が着床しやすい厚さまで十分厚くならないということで不妊の原因になります。

テーマ : 赤ちゃんがほしい - ジャンル : 結婚・家庭生活

TAG : 不妊 検査

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。