不妊とは、自然な状態で妊娠できないか、妊娠を一定期間以上維持できない状態を言います。不妊症の原因や妊娠するための、不妊症の治療法をご紹介いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二人目不妊(続発性不妊)の原因は?

二人目不妊とは、続発性不妊ともいい、一人目の妊娠がスムーズにできたのに、二人目の子供が妊娠できないような状態のことを言います。

一人目の子供が2~3歳になり、そろそろ二人目の妊娠を考えても、思うように妊娠できない。そのため、不妊症ではないかと思い、産婦人科を受診する人が増えています。

二人目不妊の原因としては、加齢の問題があります。

結婚年齢が上がっています。
30歳を過ぎてから、第1子を妊娠、出産することも多くなりました。

二人目の赤ちゃんが欲しいときには、卵子も子宮も老化が始まっていて、受胎する能力が衰えてしまっているということが考えられます。

二人目不妊の原因は、その他に、

最初の分娩の際に感染症を起こしている場合や産後にクラミジア感染を起こした場合などで、卵管が詰まってしまったことも考えられます。

一人目の妊娠もできにくかった場合などでは、同じような不妊の原因が、再度起こってしまっていることも考えられます。

たとえば、
排卵障害やホルモンバランスの崩れなどです。

また、一人目の赤ちゃんのときとの環境の変化も考えられます。

一人子供がいるために、ただ単純に、夫婦生活を営む回数が減ってしまっていることも、二人目不妊の原因としてあげられます。

二人目の赤ちゃんが欲しいのになかなか妊娠できない。
そんなときは、一人で悩むよりも、産婦人科で二人目不妊となっている原因を診察してもらうといいでしょう。

テーマ : 妊娠・出産 - ジャンル : 結婚・家庭生活

TAG : 二人目不妊 赤ちゃん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。