不妊とは、自然な状態で妊娠できないか、妊娠を一定期間以上維持できない状態を言います。不妊症の原因や妊娠するための、不妊症の治療法をご紹介いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮の形のトラブルが原因の不妊

子宮の形が生まれつき正常な形をしていない先天性子宮奇形。
全女性の5%の人が、この先天性子宮奇形なんだそうです。

子宮の形のトラブルには、
単角子宮、双角子宮、弓状子宮、中隔子宮などがあります。

とはいえ、
子宮の形に問題があるからといって、必ずしも不妊であるとは言い切れません。

が、子宮の形の問題が、着床障害による不妊の原因となることや、流産の可能性を高めることなどが確認されています。

子宮の形のトラブルのうち、中隔子宮とは、子宮の中に中隔(壁のようなもの)があり、子宮が二つに分かれている状態を言います。流産率も高く、不妊症の原因となります。

子宮の形のトラブルの多くは、不妊治療や習慣性流産の検査の中で見つかります。そのほか、超音波検査や内診により、たまたま発見されることもあります。

子宮の形のトラブルが原因で、不妊になっている場合や流産をくり返してしまう場合は、手術を勧められることもあります。

不妊の原因が中隔子宮の場合、通常、腹腔鏡で中隔子宮を確認し、その後、子宮鏡を膣の方から入れ、中隔を切除する方法が取られます。

この方法で行われた中隔子宮に対する子宮形成術の術後の分娩は、経膣分娩が可能です。

双角子宮の形成手術は開腹でのストラスマン手術で行なわれるため術後の分娩は帝王切開になります。

テーマ : 病気 - ジャンル : 育児

TAG : 子宮 原因

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。