不妊とは、自然な状態で妊娠できないか、妊娠を一定期間以上維持できない状態を言います。不妊症の原因や妊娠するための、不妊症の治療法をご紹介いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗精子抗体が原因の不妊症

不妊症の原因には、抗精子抗体もあげられます。

精子抗体とは、

本来、異物ではないはずの精子。この精子を、女性の体が異物だと判断してしまい、精子に対してアレルギー反応を起こしてしまう状態のことを言います。。

精子抗体ができてしまうと、せっかく子宮内に入ってきた精子に対して攻撃を仕掛け、精子の運動能力を落として、停止させてしまいます。そのため不妊となります。

抗精子抗体と結合してしまった精子は、子宮頚管から子宮の奥へと泳いでいくうちに、どんどん活動が鈍くなります。その結果、妊娠には至りません。

不妊の原因となる抗精子抗体は、主に、子宮頸管粘液にできますが、子宮腔、卵管内、卵胞液内にも出現することがあります。

抗精子抗体による不妊かどうかの検査は、血液検査で調べることができます。

抗精子抗体がどれだけ精子の動きを悪くするか、という抗体の強さにより、後の治療法が変わってきます。

抗体があまり強くない場合。

不妊治療は、精子を洗浄して子宮内に戻す、という人工授精を何度か試みるという方法がとられます。

この方法で不妊治療を行なっても妊娠しない場合や、抗体が強い場合には、体外受精での治療を勧められることになります。

抗精子抗体が精子の動きを止めてしまうという症状が強くても、体外受精であれば、抗体の影響をまったく受けない状況下で受精を行うことができます。

抗精子抗体のある・ない、抗体の強さにかかわらず、治療を受け妊娠することが可能となります。

テーマ : 健康生活:病気・治療法 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

TAG : 精子 体外受精

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。