不妊とは、自然な状態で妊娠できないか、妊娠を一定期間以上維持できない状態を言います。不妊症の原因や妊娠するための、不妊症の治療法をご紹介いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多嚢胞性卵巣症候群

多嚢胞性卵巣症候群。
これも、不妊症原因のひとつです。

不妊の原因となる多嚢胞性卵巣症候群が起こる主な原因は、まだハッキリとは、解明されていません。

今のところ、男性ホルモンや黄体ホルモンなどのホルモンバランスが乱れや、卵巣の代謝が悪いことなどが原因ではないか、と考えられているようです。

といっても、
多嚢胞卵巣自体が、即、不妊症に繋がると言うわけではありません。

多嚢胞性卵巣の女性の約7割の人には、
卵巣の皮膜が硬いため排卵しづらい、などの排卵障害の問題が起こっています。

そのため、
多嚢胞性卵巣であると、結果として、不妊症となる可能性が高くなるということです。


多嚢胞性卵巣症候群の主な症状には、

■排卵が起こりにくいことから来る月経不順
■無排卵
■卵胞が一度にたくさん成長することから卵胞中の男性ホルモンが増加する(多毛になる)
■肥満
■黄体ホルモン分泌不全による月経過多症

などがあります。


不妊の原因となる多嚢胞性卵巣症候群。

多嚢胞性卵巣症候群であるかどうかの検査は、黄体形成ホルモンや男性ホルモンの濃度を見る血液検査です。

また、超音波を使った検査で、多嚢胞性卵巣の状態を見てみると、通常よりも多くの卵胞を卵巣の中に確認することができます。

真珠のネックレスのような連なりに見えることから、このような状態のことを、ネックレスサインと呼ばれます。といっても、不妊症原因となる可能性がありますので、綺麗とは言いにくいんですが。

テーマ : 赤ちゃんがほしい - ジャンル : 結婚・家庭生活

TAG : 不妊症 原因

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。