不妊とは、自然な状態で妊娠できないか、妊娠を一定期間以上維持できない状態を言います。不妊症の原因や妊娠するための、不妊症の治療法をご紹介いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生理不順が不妊の原因となる

1ヶ月に1回やってくる生理。
女性にとって面倒臭いものと感じることもあるでしょう。

ですが、実は、生理は妊娠するためにとても大切なものです。生理不順が原因で、不妊になってしまうこともあります。

正常な生理の周期は、およそ25~38日ぐらい。
とはいえ、生理の周期が、この周期よりも短い、長いからと言って、すぐに不妊というわけではありません。

不妊というわけではありませんが、
生理が不順だということは、ホルモンバランスが崩れている可能性があります。

生理の周期が短い頻発月経。
これには、無排卵性のもの、卵胞期が短いもの、黄体機能不全によるものなどがあります。

反対に、生理の周期の長いものを稀発月経といいます。
遅延排卵によるもの、無排卵性のものなどがあります。

頻発月経と稀発月経。
共に、無排卵で起こっている場合も多く、無排卵で起こっている場合は、妊娠するための排卵がないため、不妊になります。

排卵があって、生理の周期がただ長いだけの稀発月経は、不妊ではありません。
ただし、生理周期が長いと排卵の起こる回数が少なくなりますので、妊娠するチャンスは減ってしまいます。

生理周期が短すぎる、長すぎる、量が多すぎる、少なすぎるなど、月経の異常を感じたら、早めに産婦人科を受診するようにしましょう。

生理不順を甘く見て、そのままにしておくと、不妊症の原因となってしまうかもしれません。

テーマ : 毎日を楽しむ♪ - ジャンル : ライフ

TAG : 生理不順 妊娠

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。