不妊とは、自然な状態で妊娠できないか、妊娠を一定期間以上維持できない状態を言います。不妊症の原因や妊娠するための、不妊症の治療法をご紹介いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性感染症も不妊の原因

不妊の原因には、いろいろなものがあります。
ホルモンのアンバランスによるもの、卵管の詰まりによるもの、精子の数や運動率によるものなどです。

これらの他にも、性感染症(STD)が原因で、不妊症になってしまうケースもあります。

クラミジアや淋病などの性感染症。
これらの性感染症にかかると、不妊症になる可能性があるそうです。

クラミジアは、クラミジア・トラコーマチスというウイルスと細菌のちょうど中間ぐらいの大きさの病原体によっておこります。日本で最も多い性感染症であると言われています。

クラミジアに感染すると、子宮頚管や卵管で炎症を起こすことがあります。卵管の細い部分では詰まりやすく、卵管性不妊となる場合があります。

クラミジア感染の初期に現れる症状は、男性では尿道炎、女性では子宮頚管炎です。

とはいえ、
クラミジアは、感染していても目立った症状が表れてこないことが特徴です。なので、気付くのが遅く、治療が遅れるということがあるようです。

また、女性の場合、
性行為によってクラミジアの病原体が、精子と共に、卵管や腹腔の方に運ばれます。そのため、卵管炎や骨盤腹膜炎などを発症し、不妊の原因となります。

さらに、女性が淋病に感染すると、クラミジア感染症より骨盤内感染症を起こす確率が高くなります。治療をしないで、そのまま放置しておくと、不妊症になる危険性がとても高くなります。

テーマ : 健康生活:病気・治療法 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

TAG : 性感染症

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。