不妊とは、自然な状態で妊娠できないか、妊娠を一定期間以上維持できない状態を言います。不妊症の原因や妊娠するための、不妊症の治療法をご紹介いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不妊の原因になるピックアップ障害とは?

なかなか妊娠できない不妊の原因のひとつに、ピックアップ障害があります。

ピックアップ障害とは、卵巣から排卵された卵子を、卵管の最も先端にある卵管采(らんかんさい)がうまく取り込むことができず、精子と出会うことができない状態のことです。

不妊の原因となります。

産婦人科で検査をしても、不妊症の原因がハッキリしない。
原因不明の不妊の多くが、ピックアップ障害によるものではないかと考えられているようです。

卵子をうまく取り込めないピックアップ障害。

この原因には、クラミジア感染などによる卵管炎や卵管の癒着があります。
また、それ以外に原因のハッキリしないピックアップ障害もあります。

ピックアップ障害があると、排卵された卵子が卵管内に入ることができないため、妊娠することができません。

そのため、
ピックアップ障害が原因と考えられる不妊の場合、体外受精(IVF)が有効になります。

体外受精での不妊治療では、採卵という方法で卵子を取り出します。
ですので、ピックアップ障害で問題になる、卵管采に卵子を取り込む、という工程が必要なくなります。

ピックアップ障害があっても、治療上は問題ありません。

ただ、ピックアップ障害による不妊を正確に診断する方法は、まだ確立されていません。

不妊治療を続けていても、なかなか妊娠に至らない。
人工授精をくり返しても妊娠しない。

このようなケースでは、50%程度、ピックアップ障害があるのではないかと推測されているようです。

テーマ : 癒しと潤いのある生活 - ジャンル : ライフ

TAG : 不妊治療 体外受精

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。