不妊とは、自然な状態で妊娠できないか、妊娠を一定期間以上維持できない状態を言います。不妊症の原因や妊娠するための、不妊症の治療法をご紹介いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不妊症とは

不妊症に、多くの夫婦が悩んでいます。
子供を望んでいる20歳~45歳までの夫婦。その約15%が不妊といわれています。

不妊症とは、結婚して子供を望み、正常な夫婦生活を営んでいる。それにもかかわらず、2年以上妊娠しない状態のことをいいます。

不妊症の原因はさまざま。

女性側に原因のあるもの、男性側に問題のあるもの。
その他、原因不明の不妊という場合もあります。

女性側に問題のある原因として、
排卵障害、卵管が詰まっている、卵管と卵巣の癒着、子宮内膜の異常、子宮の発育不全、ホルモン異常などがあります。

また、男性側の不妊の原因としては、造精機能障害(精子減少症、乏精子症、精子無力症、無精子症)、性交障害、勃起障害(インポテンツ)、精管通過障害などがあります。

不妊の原因はいろいろあります。

上にあげたような不妊の原因のうち、どれか一つだけが原因で妊娠できない場合もあれば、いくつかの原因が絡み合って妊娠できない場合もあります。

「子供がほしいのに、なかなか妊娠しない」
「もしかして不妊症かも?」

と思ったら、早めに産婦人科を受診して、相談する方がいいでしょう。

産婦人科を受信する場合、夫婦のうちのどちらか片方が受診するよりも、夫婦揃って産婦人科を訪れる方が、より早く不妊の原因を突き止めることができます。不妊の原因は、男性にある場合もあれば、女性にある場合もあるからです。

産婦人科の受診で、不妊の原因が特定されれば、それに対しての治療が開始されます。

テーマ : 妊娠・出産 - ジャンル : 結婚・家庭生活

TAG : 産婦人科

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。