不妊とは、自然な状態で妊娠できないか、妊娠を一定期間以上維持できない状態を言います。不妊症の原因や妊娠するための、不妊症の治療法をご紹介いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不妊治療の資金的不安を減らす助成制度

不妊症治療で気になるのが費用です。
ほとんどの場合、高度な不妊治療になるほど、高額です。保険の適用外だからです。

不妊治療が長くつづくと、資金的に不安になります。
不妊治療を、途中で断念せざるを得なくなるかもしれません。

そこで、活用したいのが、助成制度です。
助成制度には、各自治体ごとに、内容が異なります。
あなたがお住まいの地域の自治体で確認する必要があります。

たとえば、大阪府の特定不妊治療助成事業の場合、

■大阪府内に住所があること
■特定不妊治療(体外受精、顕微授精)以外の治療法では妊娠が難しい、と医師に判断されていること
■知事が指定する医療機関で治療を受けて終了していること(排卵誘発の段階で中止した場合などは対象外。採卵行為まで受ける必要あり)
■所得上限の範囲内であること

などが、助成制度を受ける条件です。

助成される金額は、1年度あたり治療1回につき10万円まで。年2回まで、です。通算して、5年間助成を受けることができます。

不妊治療費の助成制度は、各自治体によって内容が違います。自治体によっては、一般不妊治療の助成を行っているところもあります。条件や助成額が変更されている場合もあります。

助成制度の詳しい内容は、あなたの住んでいる自治体の不妊治療助成制度にお問い合わせください。内容が異なりますから、かならず、あなたの住所地の自治体にご確認ください。自治体を訪れて、相談してみるといいでしょう。

忙しくて、自治体にいけない。
そんなときは、ホームページを見ましょう。

各自治体ごとにホームページを開設していると思います。検索してみてください。「不妊治療」「助成金」「大阪府」などで検索すれば、見つかります。

自治体のホームページを見ると、不妊治療の助成制度の対象となる条件や申請方法、申請に必要な書類など、一般的なことがわかると思います。申請書類をダウンロードすることもできます。ホームページでわからないことは、電話で確認してみるといいでしょう。

不妊治療に費用の問題はつきものです。
長期間の治療になる場合も、少なくありません。不妊治療をはじめる前に、資金的な計画を立てます。これだけでも、安心して不妊治療に専念することができます。
スポンサーサイト

テーマ : 赤ちゃんが欲しい - ジャンル : 結婚・家庭生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。