不妊とは、自然な状態で妊娠できないか、妊娠を一定期間以上維持できない状態を言います。不妊症の原因や妊娠するための、不妊症の治療法をご紹介いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原因不明の高プロラクチン血症による不妊

不妊の原因は、卵巣を原因とするもの、卵管が問題で不妊症になるもの、子宮に原因があるもの、精子に問題があるものなど、さまざまです。

プロラクチンという脳下垂体から分泌されるホルモンが原因で、不妊になる場合もあります。

プロラクチンとは、乳腺の発達を促し、乳汁を分泌させるために働くホルモンです。

が、何かの異常により、妊娠、出産していないにもかかわらず、このホルモンが多く分泌され、そのため、排卵が抑制されてしまい、不妊の原因となることがあります。

この高プロラクチン血症が、不妊の排卵障害の原因の、10~20%を占めているとも言われます。

不妊を引き起こす高プロラクチン血症。

原因は、脳腫瘍、流産や中絶、薬剤の影響によるものなどがありますが、他に、原因不明のものもあります。

不妊の原因の多くは、
この原因不明の高プロラクチン血症であることが多いのが現状です。

高プロラクチン血症は、血液検査で、発見することができます。

原因が脳腫瘍の場合などは、外科的手術が適用されます。
が、それ以外の場合は、主に、内服薬での治療となります。

高プロラクチン血症の治療に使われる薬剤には、パーロデル(プリモクリプチン)やテルロン(テルグリド)、カバサール(カベルゴリン)などがあります。

もちろん、どの内服薬も、高プロラクチン血症による不妊治療に、効果のある薬です。ただ、吐き気などの副作用が出ることもあります。

このような場合は、医師としっかり相談し、不妊治療しましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 不妊治療 - ジャンル : 結婚・家庭生活

TAG : 不妊 原因不明

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。